検索
  • Yaoshin

お米の家倉


矢尾酒造では今まで決まったお米は使用しておりませんでした。

毎年年末になり滋賀県酒造組合にお願いし、わけていただけるお米を購入させていただく。

そういった形で原料米を用意してきました。

酒造りにのめり込むと、もちろん原料である水やお米にも目がいきます。

大切な原料。

頼れる人の手で育てられたお米で醸したい。

昨年倫理法人会に入会した私は、倫理法人滋賀県大会で安田工務店社長、安田英康さんとお会いしました。

「絶対会ったほうがいいから」と滋賀県長浜市「お米の家倉」五代目「家倉敬和」さんの元へ連れていかれました。

自分には一目ぼれでした。

これ以上のご縁はないんじゃないかと思える方にお会いし。

急であった為お会いできた時間は本当にわずかでしたが、懸命に自分の想いを伝えました。

なんどか連絡をとらせていただき。

会社にも足を運んでくださりました。

貧弱な会社で少量からですが、「気にしなくていいですよ」と。

わけていただくことを承諾してくださりました。

今思えば本当に夢じゃないのか

たかかずさんが製造される魂を受け

私たちの魂も添えて一つの作品を創らせていただく

誇りに思い

最高の酒造りに取り組みたい

そう思います

http://yagu.jp/

#米 #田んぼ #田 #お米 #rice #ライス #長浜 #滋賀県 #お米の家倉 #sake #酒米 #酒 #米麹 #麹 #日本酒 #矢尾酒造 #家倉敬和 #滋賀 #日野町 #鈴正宗 #農業 #農家 #米造り #長浜市 #製造

266回の閲覧

© 2018 by web Yao Sake Brewing